カテゴリ:noemiのこと( 8 )

5月11日 noemi4歳になりました。
4年前、3日以上苦しんだ陣痛からやっと解放されホッとしたときに
目に飛び込んできたのはかわいい我が子の鼻。。。でした。
夫ぽんの家系はぶたっ鼻が多く 心配で心配で・・・
ぽん家の鼻が正真正銘のぶたとすると noemiの鼻は変形ぶた?
初めて見たときは少しショックでした。
いまでは見慣れましたが 時折「高くな~れ!」と念じております。

さて 「どこに行きたい?」
誕生日だし あなたの行きたいところに連れて行ってあげるわ。
行き先は 恒例の児童館でした。
そこで 年甲斐もなくはしゃいでしまったハハは
デジカメを持っていることを忘れ、
「かぁかんバスケ上手なのよぉ」といいながら
ゴムボールを華麗にシュート!!
デジカメもシュートしてしまい。。。壊れました。
誕生日の写真 とりまくるつもりだったのに。
f0135877_7545312.jpg

[PR]
本当はいけないことと思うのですが
ついつい
f0135877_1046164.jpg
「お父さんとお母さん どっちが好き?」
って聞いてしまいます。

お父さんも ときどき
「お父さんとじいじ どっちが好き?」
って聞いています。

そんな時 noemiの答えはいつも決まっています。

「えーっとねぇ 
 のんのはお母さんもお父さんも  serenもyuitoも
 じいじもばあばも みーんな好きよ。」

この答えがききたいばかりに 何度もきいてしまうのです。

「お父さんとお母さん どっちが好き?」
[PR]
3年前、noemi出産のこと思い出しました。
4日ほど陣痛で苦しみ、分娩室に入ったとたんに
つるっと産まれてきたあなた。

ずっと寝ていなくて 眠いはずなのに
なんだか興奮して、ずっとあなたを見つめていました。

優しい女の子になってね。。。ってぎゅって抱きしめました。

3歳のあなた。。優しいけど・・・ちょっと乱暴なところが心配です。
イスからイスへ飛び移らないで。
三輪車の上に立たないで。

双子が産まれて いろいろ我慢してもらうことも多いよね。
でも、いつも お手伝いしてくれてありがとう!

これからもよろしくね♪
f0135877_1245165.jpg

[PR]
「みんな 遊んでくれないの」  「あっち行ってって言われた」

毎日 車の中で お風呂の中で 保育園でのことをたずねます。
年度の途中で いきなり1つ上のクラスにかわったnoemi。
そろそろ 新しいお友達とも仲良くなれたかな・・・と思っていたころ
つらそうに言うのです。

先生にも相談しましたし 見つからないように
そーっとクラスの様子を覗いてみたり。。。

ちゃんとね みんなと遊んでいるんです。
でも 集中する性格なのか お友達がほかの遊びに移っても 
一人で遊び続け・・・気づいたときには 誰もいない。
そんな状態のようです。

元のクラスに戻してもらうことも考えましたが
それは noemiのプライドを傷つけそうな気がして
止めました。
2歳11ヶ月。。。小さな体に とっても大きなプライドを持っているのです。

そっと見守っていこうと思います。
ぎゅーって抱きしめながら。
[PR]
はじめはnoemiのゴホゴホから。
治りきらないうちに yuitoが鼻水チョロリン。
そして 当然serenも。
ぽんは いつも「あー 風邪ひいた。」なんて言っているけど
今回はわりと本格的につらそう。

我が家で元気なのは私だけ。。。という状態です。

今日も お家でゆっくり過ごしましょ!
ぽんはお仕事。 
風邪ひきさん3人 お外は止めておきましょう。

noemiが先生役で 保育園ごっこが始まります。
もちろん 私も園児役の一人。。。です。

そのうちに ブロックでお弁当を作りはじめるnoemi。
邪魔する双子。
いつもの光景です。

f0135877_222911.jpg「もう! ちゃんとしてちょうだい。」
「のんの いい子にしてるのに なんで?」

なにやらブロックに語りかけています。
少々 怒っているような・・・
長くしすぎたブロックが折れてしまい
悪戦苦闘です。 ガンバレ♪

ねばり強くトライした結果
f0135877_2233341.jpg

[PR]
最近仕事が忙しいぽん。
お父さん大好きのnoemiは寂しくてたまりません。

保育園にお迎えにいっても、
「お父さんは?」 とがっかり。
双子を連れてお迎えに行くの 大変なのよ。。私はがっくり。

車の中では、
「お父さんぜんぜん帰ってきてくれん どうして?」
と涙目で訴えられ、
「神様にお願いしてみたら?」

「カミサマ、オネガイ カミサマ。。。カミサン。。。カメサン」

あれれ?? カメさん?

やはりカメさんではダメだったようで、お父さんなかなか帰ってきてくれません。
「カメサン。。 帰ってきてくれん。。。ぼういん(病院)行ったら帰ってくるかなぁ?」」
「カメサン お仕事かなぁ・・・」
「あっ、洗濯物ほしたら帰ってくるわ。 やっとわかった。」
ずっと 窓にはりついて待っています。

noemiのお父さん、仕事ほどほどにして
早く帰ってきてくださいね!
[PR]
この3日間ほどぽん(←オットのことです。)が仕事で不在でした。
何でもかんでも一人でやらなきゃいけないのは
正直大変です。

でも、なんだかnoemiがとっても良い子だったのです。
ほとんど怒ることなく平和に過ぎていった3日間。
もしかして、魔の二歳児は終わったの?
と嬉しかったのですが。。。

昨日、ぽんが帰ってきたとたんに
が始まってしまったのです。
いないときは、noemiなりに気を使っていたのかもしれません。
天使の3日間がマボロシに思えるくらいの、っぷり。
これが、正しい2歳児なんでしょうけどね。

天使のnoemi。。ブロックで作ったお馬ちゃんにちゅー☆
f0135877_13391253.jpg
[PR]
幼い子供3人との入浴。
双子が産まれる前からいろいろと考えていたけれど、
やはりなかなか難しいものです。

4ヶ月くらいまでは、noemiが保育園にいっている間に
ベビーバスで沐浴していました。

そして今は。。。1日おきのお風呂です。

noemiはお姉ちゃんらしく、弟の体をゴシゴシ。
「キレキレしようねぇ。」
「バンザイしてね。」
そのnoemiを私がゴシゴシ。
いわゆるサザエさん的な入浴シーンです。

お風呂上りには私はバスローブ。
子供たちの体が冷える前にぱぱっとパジャマを着せちゃいます。
その姿をあつ~い眼差しでみるnoemi。

「お母さん、ドレスなの?」
「のんのもドレス着たいなー。」

そうね、そしたらこんなにバタバタしなくていいもんね。
今度白いドレス買いにいこうね。
[PR]